ラジオ討論番組の「嵐が丘」特集です(BBC Radio4 In Our Time)

BBC Radio4の In OurTimeの最新版は

エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』(1847 年)特集です。


プレゼンターのMelvyn Braggが、3人の研究者と、話します。




構成は大体こうなってます。


1、エミリーについて

その生涯

子供時代に作ったゴンダル物語について

影響を受けた書物、特にワーズワスの「ルーシーの詩」


2、『嵐が丘』について一般的なこと(08:50くらいから)

出版までの経緯

あらすじ

出版後の批評家の反応


3、『嵐が丘』について具体的なこと

ヒースクリフの人物像(14:30くらいから)

語りの構造と語り手(17:30くらいから)

キャサリンとヒースクリフの関係(21:00くらいから)

暴力、風景など(24:00くらいから)

復讐のプロットや小説の構造(30:00くらいから)

シャーロット・ブロンテの『嵐が丘』論(35:00くらいから)

幽霊や死後の世界について(36:00くらいから)




番組が掲げるスチール写真は、

ワイラー監督&ゴールドウィン制作の

映画『嵐が丘』(1939年)のもの。


『嵐が丘』といえば、やはりこの

「丘の上の恋人たち」なんでしょうね。


ヒースクリフ役のローレンス・オリヴィエと、

キャサリン役のマール・オベロンは、

もともと顔立ちが似ていませんが、


この写真では、視線や鼻の角度を合わせることで、

最大限似て見えると思います。



番組では「『嵐が丘』クイズ」も提供しています。


By 川崎


[PR]

by eikokushosetsu | 2017-09-29 09:50 | 音声や映像