人気ブログランキング |

ヒグチユウコ展CIRCUS@世田谷文学館

今日は画家・絵本作家のヒグチユウコさんの個展のご紹介です


ヒグチユウコ展CIRCUS↓





世田谷文学館は331日まで

その後兵庫、広島、静岡、高知などへ




ヒグチユウコさんの絵の

何が楽しいかって

生物がみんな一緒にいるところ


パンダが猫を抱っこしてたり

カエルが鳥をおんぶしてたり

猫のパーティにお魚も混じってたり


動物だけじゃなくて

植物もいて

きのこや木が

動物たちと歩いてたり


さらには生物と

無生物が仲良くなったり



こういう世界

子どもの頃、生きてたなあ


子どもは、犬も机も雲も

かたっぱしから

擬人化しますね


いろいろなものが

自分と同じに思える

つまりみんな対等


それがだんだん

グループ分けしたり

するようになります


例:

子ども「あ、ちょうちょだ(かわいいな)」

おとな「これは蝶じゃなくて、蛾っていうんだよ」

子ども「。。。」



ヒグチユウコさんの絵は

いろいろなものを、分けないです


『不思議の国のアリス』を思わせますが

(実際アリスの絵もあります)

そもそもアリスの世界自体が

いろいろなものを、分けてないんですね


うさぎ、鳥、カエル、魚、

いもむし、ヒト、トランプなどなど



ヒグチユウコさんの絵を見ると

昔生きてた世界に帰るから

元気がわいてくる



と同時に、きわめて現代的な

感受性にもあふれてると思います


今、いろいろなものを分けない

分け隔てしない

そういう一つの流れが

強くなってますよね


性別、人種、年齢で区別しないのはもちろん

人類だけがよければいいわけじゃなく

動物も大切

究極的には、地球が丸ごと大切



ヒグチユウコさんの絵本に

『すきになったら』というのがあります


ヒグチユウコ『すきになったら』ブロンズ新社、2016年






これは女の子が

ワニを好きになる話


誰かを好きになったら

どんな気持ちになるのかが

書かれています



アカデミー賞をいくつももらった映画

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)も

人間の女の人が

謎の水中生物に恋をする話でした


『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)



シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]



一昔前だったら

「モンスター」として

避けられたような生き物


でもしっかり通じ合えるんですね



今は、差をつけないで

一緒にいることが

大切と感じる時代なんだと思います



もう一つヒグチさんの絵本を

紹介します


ちなみに絵本は

会場で自由に読めますよ101.png



ヒグチユウコ『ふたりのねこ』祥伝社、2014年





幼稚園児の「ぼっちゃん」とはぐれてしまった

ぬいぐるみの「ニャンコ」は

公園で暮らすのら猫の「ねこ」に

助けられます


種類は違うけど

「家族」になったニャンコとねこは

一緒にぼっちゃんをさがします


そして。。。


ハートブレイキングな話ですが

傑作ですので

ぜひお読みくださいね



展示会場の世田谷文学館から

15分くらい歩くと

蘆花恒春園で


徳冨蘆花のお墓や住んでた家

小さな記念館などがあります

竹林も美しいです↓





こちらもおすすめです


by 川崎


# by eikokushosetsu | 2019-03-21 09:53 | イベント情報

ハイディ ・ベネケンシュタイン著『ネオナチの少女』

今日は自伝のご紹介です。


著者はハイディ・ベネケンシュタイン。

ドイツのバイエルン出身。

1992年生まれ。まだ20代。


ナチスドイツの教えを信じる家庭に生まれ育ち、

18歳で極右の世界と決別するまでの記録です。



ハイディ ・ベネケンシュタイン著『ネオナチの少女』平野 卿子訳、筑摩書房、2019年.

(Heidi Benneckenstein, Ein deutsches Mädchen: Mein Leben in einer Neonazi-Familie, 2017)





私の一番の感想は、

ごく素朴ですが、


「ネオナチ」というくくりの中に、

個人が存在すること。


ネオナチというと、

著者の誕生年でもある

1992年のロストックの放火事件とか、


具体的な行為をする団体としての

印象が強かったのですが、


メンバーの中にも

年齢や性別をはじめ

多様な人々がいて、

思想も違っていたりして

(内部に左派があるそう)


日常生活を送り

家族もいる。


子どもが生れれば、

自分たちの価値観で子育てする。

団体の催しにも連れて行く。


ベネケンシュタインのように

そんな子どもとして

生まれ育つ人がいる。


ああ、そうなるかも。


そんな言われてみれば

当たり前のことが、

この本を読んで

初めてわかりました。




ある属性で一括にされたグループの、

中にいる個人を見ない。


すると、心を使わなくてすむから、

ナチスドイツの「最終的解決」

みたいな発想がしやすくなる。


だからどんなグループでも、

メンバーの個人性を知る必要がある。




その意味で、この本は貴重です。


ドイツではこの種の本は割とあるそうですが、

日本語で読めるものは

これまでほとんどなかったんじゃないでしょうか。




生まれ落ちた時から

親に教え込まれてきたことに

違和感を感じ

さらに決別する。


これがベネケンシュタインにできたのは

複数の要因があり

いくつかの段階を経てのことでした。


その要因の一つで、

段階の最初のものを、ご紹介します。




彼女が自分の家がおかしいと

初めて疑ったのは、

12歳で、ある小説を読んだ時。


その小説とは、

ウルズラ・ヴェルフェル(Ursula Wölfel)の

『みんなの家』(Ein Haus für alle


主人公パウルは

人種学と遺伝学が専門で

ナチ党の幹部になる。


そこに息子ロベルトが

障害をもって生れ、

パウルは葛藤する。


ロベルトを施設に入れる?

そしたら殺されるかも。

じゃあどこかに隠す?



ベネケンシュタインは、

この小説を読み終えた時、

「立ち上がれないほどのショック」を受けます。



「物語そのものはフィクションだが、

背景になっているのは歴史的な事実だ。

あんなに褒めそやされていたドイツの民族共同体、

父がいつも崇めていたその社会に、

どうやら居場所のない人間がいるらしいことを初めて知って、

私はひどく心を痛めたのだった。」

  (『ネオナチの少女』第10章)



そして初めて自分を客観視します。



「パウルの健康な息子ゲオルクの話を読んだときは悲しくなった。

70年も前のことなのに、ほんの数行読んだだけで

ゲオルクと私の人生がそっくりなのがわかったからだ。」

  (『ネオナチの少女』第10




ベネケンシュタインが、

パウルという個人の

物語を読むことで、

メタ認知を得たように、


この手記を読むわたしたちも、

ベネケンシュタインの

人生をたどることで、

自分のことも知るかもしれません。


自伝や小説の効果についても

考えさせられる一冊です。


by 川崎


# by eikokushosetsu | 2019-02-12 10:17 | 小説と芸術

英国挿絵版画展(展示販売)@東急吉祥寺店

イギリスの挿絵版画の

展示販売のご案内です。


英国挿絵版画展

東急吉祥寺店、8階工芸品売場

2019110日(木)~23日(水)





特集

110日(木)~16日(水)ケイト・グリーナウェイ

117日(木)~23日(水)ヴィクトリアンの暮らし―ミセス・ビートンの家政書を中心に―



美術品には、写真に撮ると消滅してしまう、

実物だけが持つ、輝きがありますね。

だから今回、本物を見られてよかったです。


どの作品も、発色がきれい。


驚いたことに、ここにあるのは、

複製や刷り直しではなく、

純粋なアンティークだそう。


もともと紙の質が高い上に、

本の挿絵だから、日焼けすることもなく、

よい状態を保っているとか。



展示作品の作家名を、なるべくたくさん挙げます。


ケイト・グリーナウェイ

シセリー・M・バーカー

ベンジャミン・モーンド

ウィリアム・カーティス

アーサー・ラッカム

ジョン・テニエル

ベアトリクス・ポター

オーブリー・ビアズリー

ウィリアム・モリス

ウォルター・クレイン

J. M. W. ターナー

ジョン・マーティン

ジョン・エヴァレット・ミレイ

エドワード・バーン=ジョーンズ



ケイト・グリーナウェイが挿絵を描いた

豆本も売ってました。


本は小さいのに、

中にはちゃんと、

細かい挿絵と文章があり、

小さなミラクルという感じ。



ケイト・グリーナウェイに関しては、

下の本に、いろいろと面白いことが

書いてあります。


ラスキンに恋してたとか、

挿絵の子供たちの服は、

昔の型だったとか、


子供たちは、庭から外に出ず、

実は笑顔がないとか。


川端有子編著

『ケイト・グリーナウェイ ヴィクトリア朝を描いた絵本作家』

河出書房新社、2012年↓







イギリスの児童書の歴史については、

国立国会図書館の国際子ども図書館作成の

次のサイトが、楽しく、わかりやすいです↓


ヴィクトリア朝の子どもの本 イングラムコレクションより


ケイト・グリーナウェイについては、

第5章「トイ・ブックと近代絵本の夜明け」の二つの頁をご覧ください↓


イギリス挿絵印刷技術の変遷

エドマンド・エヴァンズと3人の絵本作家たち




今回の展示販売作品で

私がよいと思ったのは、

アーサー・ラッカムの『アリス』の挿絵。


ラッカムの絵は、

テニエルのより、

シリアスで幻想的。


アリスは美人で大人っぽい。


モック・タートルも、

「大げさな泣き虫さん」から、

「悲しみのトリスタン」寄りに。



それから

額縁に入れて展示してある挿絵は、

その全体が素敵でした。


挿絵をセットする紙に、

現代の職人さんが、

挿絵に合う色で枠を加え、


それがさらに、

雰囲気に合う額縁に入ってるんです。



価格は、1万円台から。

贈り物にもいいですね。


吉祥寺に行く時は、

ぜひのぞいてみてくださいね。


by 川崎


# by eikokushosetsu | 2019-01-16 09:42 | イベント情報

松岡光治編『ディケンズとギッシング 底流をなすものと似て非なるもの』

新刊のご案内です。







英国小説研究同人からは、
新野緑先生が、

第10章「ディケンズとの対話――
『三文文士』における商業主義とリアリズム

を書かれてます。


ギッシングの研究書で、
日本語で読めるものは、貴重ですね。

みなさま、ぜひお読みくださいね。


目次です↓


巻頭言 小池 滋

序 章 松岡光治
ディケンズとギッシングの隠れた類似点と相違点
第1節:両作家が生きた時代
第2節:似て非なるリアリズムと自然主義
第3節:階級の壁を地下で支えているもの
第4節:虚像としての家庭の天使と新しい女

第1章 小宮彩加
ディケンズのロンドンからギッシングのロンドンへ
第1節:新旧ロンドン作家
第2節:『暁の労働者たち』とサフロン・ヒル
第3節:『ネザー・ワールド』のクラーケンウェル
第4節:急速に変わりゆくロンドン

第2章 吉田朱美
つのりくる酒の恐怖――ディケンズ作品から『暁の労働者たち』へ
第1節:愛すべき酒から破滅をもたらす酒まで
第2節:オリヴァーとアーサーとを分かつもの
第3節:満たされない女たちに沁みるブランデー
第4節:ギャンプからチャンプ、そしてヘンプへ

第3章 中田元子
紳士淑女の仕事――リスペクタブルな事務労働のジレンマ
第1節:父親的温情主義に守られた事務員
第2節:孤独な事務員の葛藤
第3節:シルクハットの重圧
第4節:女性事務員の前途

第4章 玉井史絵
小説家の使命――〈共感〉をめぐるポリティクス
第1節:小説による共感的想像力の喚起
第2節:アダム・スミス『道徳感情論』における〈共感〉
第3節:国民的悲しみ――『骨董屋』における共感
第4節:『暁の労働者たち』における共感の破綻

第5章 金山亮太
教育は誰のためのものか――社会から個人へ
第1節:教育の変質
第2節:女子教育の限界
第3節:青雲の志の嘘
第4節:教養教育の衰退

第6章 松岡光治
イギリス近代都市生活者の自己否定・自己疎外・自己欺瞞
第1節:世俗内禁欲としての自己否定
第2節:社会的適応/不適応による自己疎外
第3節:自然主義に内在する自己欺瞞性
第4節:防衛機制としての集団的な自己欺瞞

第7章 田中孝信
〈新しい男〉の生成――男女の新たな関係を巡る葛藤
第1節:〈新しい男〉とは?
第2節:ジェントルマン像における両性具有性
第3節:〈新しい男〉になり切れない男たち
第4節:ジェンダーの境界線を超えて

第8章 木村晶子
家庭の天使と新しい女――女性像再考
第1節:『互いの友』の女性像
第2節:ギッシングの〈新しい女〉の表象
第3節:ミソジニーと母性
第4節:リアリズムの彼方

第9章 松本靖彦
『互いの友』と『女王即位五十年祭の年に』にみる広告と消費(商品)文化
第1節:実際よりもよく見せる広告戦略
第2節:広告だらけの『女王即位』にみる雑種性
第3節:『互いの友』が魅せられる広告形態
第4節:雑多なままと篩い分け

第10章 新野 緑
ディケンズとの対話――『三文文士』における商業主義とリアリズム
第1節:『エドウィン・ドルードの謎』の影
第2節:欲望から金銭へ
第3節:読者の権威
第4節:リアリズムのゆくえ

第11章 楚輪松人
原本と縮約版――二つの『チャールズ・ディケンズの生涯』
第1節:伝記とディケンズ
第2節:「文学の尊厳」の擁護者、フォースター
第3節:三文文士、ギッシング
第4節:かげろう小僧、ディケンズ

第12章 宮丸裕二
伝記と自伝――人生はどう描かれるのか
第1節:ディケンズが考える歴史記述としての伝記
第2節:自分で書く伝記――ディケンズの自伝
第3節:批評的展開――ギッシングの伝記
第4節:自分を題材にした小説――ギッシングの自伝

第13章 麻畠徳子
文人としての英雄──ディケンズの敢闘精神とその継承者
第1節:ディケンズと英雄崇拝
第2節:ディケンズによる王立文学基金との闘争
第3節:ベザントによる作家協会の創設
第4節:ギッシングによる内なる闘争回顧録

第14章 三宅敦子
諷刺される十九世紀英国の室内装飾
第1節:ロンドン万博とデザイン改革
第2節:ディケンズが描くデザイン改革
第3節:大衆化する室内装飾
第4節:ギッシングが描く室内装飾

第15. 橋野朋子
ギッシング作品の書評にみるディケンズ的要素
第1節:初期ギッシング作品の批評の傾向
第2節:求められるディケンズ的要素
第3節:悲観主義からの脱却
第4節:読者への意識と晩年の作品の評価

あとがき
使用文献一覧
図版一覧
執筆者一覧
索引




# by eikokushosetsu | 2019-01-14 15:54 | 英国小説研究同人

ラッセ・ハルストレム監督『くるみ割り人形と秘密の王国』、熊川哲也 K-BALLET COMPANY『くるみ割り人形』、ホフマン『くるみ割り人形とねずみの王さま』

すっかり冬になりました。


冬が来ると、チャイコフスキーを

聴きたくなりませんか?


私はなります。

中でも、クリスマス前の時期は、

『くるみ割り人形』ですね。


ということで、ディズニー映画と

バレエを観てきました。


感想を、なるべくざっくり書きますが、

映画やDVDをこれから見るという方は、

読まない方がよいかもしれません。



まず映画のご紹介です。


ラッセ・ハルストレム監督

『くるみ割り人形と秘密の王国』

The Nutcracker and the Four Realms, 2018)↓





ひとことでいうと、盛りだくさん。


音楽

バレエ

ディズニーファンタジー


の三つとも力を入れてました。



まず音楽について。


チャイコの原曲をアレンジした

ものを中心に、創作も少し。


冒頭の序曲から、オケにピアノや

コーラスがついて、豪華。

ピアニストはラン・ラン。


私の大好きな

「金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ」は

オルゴールの曲に変身してました。


新しいアレンジで名曲を聴けるのは、

うれしいですね。


エンディング曲は、アンドレア・

ボチェッリと息子さんだそうですが、


バレエの方に夢中になり、

あまり覚えてません(汗)。


指揮は、ベネズエラ出身の

グスターボ・ドゥダメル。


豪華ですね。



次にバレエです。


アメリカン・バレエ・シアターで

黒人女性初のプリンシパルとなった、

ミスティ・コープランドが、

作中でソロを踊ります。


その際、舞台風のセットが、

からくりみたいに動き、壮観でした。


エンディングは、

セルゲイ・ポルーニンと一緒に、

古典的な振り付けの

パ・ド・ドゥを踊ります。


そこにブレイクダンス風の

映像も加わっていました。


私は踊りのことは

よくわからないのですが、


「どうにも目が離せない」

という状態になったので、

素晴らしかったのだと思います。



最後に、ディズニーの

ファンタジー映画としての感想です。


過去10年くらいのディズニー映画が

取り上げたテーマが、

いくつも盛り込まれてました。


冒険によるイニシエーション、

敵(分身)をたおすことによる成長、

困った母親の問題の解決、

両性具有のヒロイン、などなど。


この映画のクララは、

工学女子という設定。


物理の知識を発揮して、

お城から脱出したりします。


ホフマンの機械好きは、

機械に強いクララと、

くるみ割り人形の名前の

「ホフマン大尉」に表現されてます。



意外だったのは、

くるみ割り人形の役割が、小さいこと。


チャイコのバレエでも、

ホフマンの原作でも、

クララのくるみ割り人形への共感が、

そもそもファンタジーを開始するのに。


最近のディズニーは、

ヒロインが王子様と結ばれる

展開を避けるので、

こうなったのかな。


ちなみに、ねずみがかわいかったです。




次にバレエです。


熊川哲也 K-BALLET COMPANY

『くるみ割り人形』

2018/12/6()12/9() 

Bunkamuraオーチャードホール


かの熊川哲也さんのカンパニー。


今回、熊川さんは、出演はありませんが、

芸術監督や演出をされました。


大きな装置が動いたり、開いたり。

クリスマスツリーが、

これ以上無理というほど、大きくなったり。


紙吹雪を、積もるほど使用したり。

小さな仕掛けが舞台を走ったり。


豪華で楽しい舞台でした。



私が見た時のキャストです。


マリー姫:中村祥子

くるみ割り人形/王子:遅沢佑介

クララ:吉田このみ


マリー姫は優雅で力強く、

クララは可憐で、最高でした。



ダンスと同じくらい、高い技術に

感動したのは演奏です。


指揮:井田勝大

演奏:シアター オーケストラ トーキョー


何がすごいって、テンポの絶対的安定感。

2時間演奏をきいて、

体の一部が変化したような気さえします。


ここまで安定していたら、

ダンサーの人たちも、

安心して踊れますね。


今後、安定したテンポの演奏が

聴きたくなったら、バレエを

観に行けばよいともわかりました。



チャイコの音楽そのものの

素晴らしさについては、

書きだすと止まらなくなるので、

割愛します。


このバレエでも、

カーテンコールの時のねずみが、

とてもかわいかったですよ。




最後に、ホフマンの原作ですが、

新訳が出てました。


ホフマン『くるみ割り人形とねずみの王さま/ ブランビラ王女』

大島かおり訳、光文社古典新訳文庫↓

E. T. A.Hoffmann, Nußknacker und Mausekönig ,1816






識名章喜氏の解説によると、

チャイコのバレエは、

原作はホフマンとなっているけど、


実際は、アレクサンドル・デュマと

息子が翻案した『はしばみ割りの物語』

1845)が基になってるそう。



私はこの新訳を読んで、マリーが、

クリスマスプレゼントでもらった

くるみ割り人形を気に入り、


人形が大きく口を開けなくてすむよう、

小さなくるみを選ぶのに対し、


兄のフリッツが、わざと大きな

くるみを割らせるところが、

残酷だなと思いました。


以下、省略も入れながら引用します。



フリッツは、小さなおどけ者めいた人形をおもしろがって大笑いして、ぼくもくるみを食べたいと言いだした。くるみ割りは手から手へとわたっては、口を開けたり閉じたり、いつまでも止められない。フリッツはかならずいちばん大きくて固いくるみを押しこむ。ところがそのうちふいに ――バリッ――バリッ――くるみ割り人形の口から三本の歯が欠け落ち、下顎が外れてぐらぐらになってしまった。


「ああ、かわいそうに、あたしの大好きなくるみ割りさん!」


マリーは大声で叫ぶと、フリッツの手から人形を取りかえした。


「なにさ、そいつは間抜けのばかだよ」とフリッツ。「そいつをよこせ、マリー!くるみを割らせるんだ。残りの歯がみんな欠けたって、顎がとれちまったって、こんな役たたずにはどうってことないさ」



人形にくるみを割らせる行為を

残酷と感じるのは、

ごく自然なことみたいです。


エルツ山地(旧東独とチェコの国境地帯)は、

木材に恵まれ、くるみ割り人形などの

木のおもちゃを作っていました。


この地方の人々は、税を取り立て

自分たちを苦しめる権力者に、


固いくるみの殻を割らせて、

せめてもの憂さ晴らしをしようとして、


くるみ割り人形を、王様や、

徴税官、警官などに仕立てたそうです。


ホフマンのくるみ割り人形が、

王様の恰好をしているのも、

そういうわけなのですね。


この情報はこちらにありました。

若林ひとみ『クリスマスの文化史』白水社、第6章↓





著者の若林さんは、

静かで優しい方でした。


遺作となった別の本によると、


クリスマスから公現祭までの

12日間(十二節、十二夜)には、

不思議なことが起きると

されているそうです。


特に1224日の晩から25日にかけては、

動物や人形も話をするとか。


ホフマンの物語は、これを

下敷きにしているのですね。


若林ひとみ『名作に描かれたクリスマス』

岩波書店、第2章↓






ホフマンの小説では、

マリーが怪我をしたくるみ割り人形を、

ハンカチにくるんで看病します。


そして自分も戸棚のガラスで

腕に大けがをしたところで、

くるみ割り人形に命が宿ります。


その後、創傷熱の回復期に、

ドロセルマイアーおじさんから、

メールヘンをききます。


クリスマスの時期に、

異質な存在への善意が、

病気や怪我により純化して、


そのご褒美として、

ファンタジーの世界が開かれ、

最後に王と結婚するという展開です。


こうしてまとめると、

クリスマス精神を謳い、

権力者との結婚を少女の最高の

達成であると示す物語にもみえますが、


ドロセルマイアーおじさんの存在や、

もろもろの細部が、不気味で不可解で、

実際に読むともっと複雑です。


皆様も、クリスマスの前の

時期を楽しんでくださいね。


by 川崎


# by eikokushosetsu | 2018-12-11 23:27 | 映画と文学