テレビ映画『ホロウ・クラウン 嘆きの王冠』

今日は、シェイクスピアの

史劇を映画化した

『ホロウ・クラウン 

嘆きの王冠』2012-16)の

ご紹介です↓


å˜†ãã®çŽ‹å†  ホロウ・クラウン 【完全版】 Blu-ray BOX


付録の小冊子の

河合祥一郎先生の説明によると、


イギリス政府が、2012年の

ロンドンオリンピックに合わせて、

文化面でもオリンピックを

しようということになり、


BBCが請け負った

事業だそうです。


とても公的な作品なんですね。


7作品入ってます。


『リチャード二世』

『ヘンリー四世 第一部』

『ヘンリー四世 第二部』

『ヘンリー五世』

『ヘンリー六世 第一部』

『ヘンリー六世 第二部』

『リチャード三世』です。


私は真っ先に、最後の

『リチャード三世』から

見始めましたが、


王の病室の外で、

みんなで喧嘩するシーンで、

はやくも、誰が誰だか

わからなくなり、


順番通り『リチャード二世』

から見ることに。


最初につまずいたので、

次の4つを用意して、

のぞんだところ、

楽しめました。



1、付録のA3版の人物相関図

俳優さんの写真入りで、

わかりやすい。



2、付録の60頁あまりの小冊子

あらすじ、スタッフ紹介、

解説、専門家の対談など収録。


57頁からの、

松岡和子先生による解説は、

最初に読むとよいです。


私はここを読まずに

映画を見たので、


『ヘンリー六世』の

第三部がないよー、と


ディスクを収めるブックを

パタパタめくって探したり

(おばかさん)、


サマセット?サフォーク?

この人、どっちなのー、と

困ったりしたので。



3、河合祥一郎

『あらすじで読む

シェイクスピア全作品』

祥伝社、2013年。


一作ずつ、あらすじ、人物相関図、

作品の背景とポイント、

名台詞を収録して、

至れり尽くせり。


ヘビロテしました。


「あらすじで読むシェイクスピア全作品」の画像検索結果




4、原作の翻訳


今回は、白水uブックスの、

小田島雄志訳。


字を目でなぞるだけで、

意味が自然に

立ち上がってくれて、

楽ちん&楽しい。


うれしくなって、

『ロミオとジュリエット』と

『ハムレット』も読みました


「リチャード二世 白水」の画像検索結果




7作品中、私が一番傑作だと

思ったのは

『リチャード二世』。


今日はこれについて書いてみます。


何より、

主役のベン・ウィショーが、

すごい↓


å˜†ãã®çŽ‹å†  ホロウ・クラウン リチャード二世 【完全版】 [DVD]



まずその顔。


ジョージ・エリオットの

『ダニエル・デロンダ』で、

ダニエルがグウェンドレンを

初めて見た時の気分。


見てはいけないものを、

見てしまった。なのに、

どうしても、

目を逸らせない。


眼球やくちびるの、

わずかな動きまで、

注目してしまう。


映画『さざなみ』で、

シャーロット・ランプリングが、

最後の最後に、

微妙な表情を見せて、

観客を凍りつかせましたよね。


あれ級の演技が、

ずっと続く感じ。


だから王の登場シーンでは、

常に緊張を強いられます。


アップで撮影できる

映画ならではの演出ですね。



次にウィショーの声。


長い母音を伸ばす時、

伸ばしてるうちに、

音程と音量が下がります。


demand」だったら

「ディ・マーン・ド」の

「マーン」のところ。


下がっても、

実害はないけど、


顔の表情と同じで、

何かとてつもなく

大きな運命の、

小さな兆候なんじゃないかって、


心配になり、


特に聴きたいわけじゃ

ないのに、

ついつい耳を

澄ませてしまう。



最後にその身体。

あばら骨が浮き出るほどの、

痩せた体。


黒っぽい髪とひげ。


みんなが濃い色の洋服を

着てるのに、

一人だけ、白っぽい

チュニック姿で、

文字通り、異色。


立って両手を広げると、

十字の形に。


牢獄では、

裸に白い腰布のみ。


そう、

イエス・キリストを

思い出させるのです。



原作では、自分をユダに

裏切られたイエスに喩える

ところはあるけど、


二者の関連は、

特に強調されてない。


この映画独自の

解釈なんでしょうね。



ただその前に、

もう一段階あって、


それは3世紀の殉教者の

聖セバスチャンです。


冒頭近くで、王が、

絵描きに、

聖セバスチャンの絵を

描かせているところが

出てきます。


裸の体を弓矢で射抜かれ、

血を流している、

有名な像がありますね。


あれを、

モデルがポーズを取って、

再現してる。


そこに王が近づき、

偽物の傷口からしみ出た、

偽物の血を指でなぞります。


宗教的というより、

性的なシーン。



ドビュッシー作曲

交響的断章「聖セバスティアンの殉教」、

2つのファンファーレ、交響組曲「春」

ダニエル・バレンボイム指揮↓


ドビュッシー:äº¤éŸ¿çš„æ–­ç« ã€Œè–ã‚»ãƒã‚¹ãƒ†ã‚£ã‚¢ãƒ³ã®æ®‰æ•™ã€ã€2つのファンファーレ、交響組曲「春」


終盤、

腰布だけ巻いた姿の王は、

洞窟みたいな暗い牢獄で、

弓矢で打たれます。


その姿は、まさに、

自分が制作させてた絵の中の、

聖セバスチャンそのもの。


王は、さすがに

イエス・キリストではなくて、

聖セバスチャンなのか、


と内心ほっとしていると、


最後の最後で、

棺に納められた

王の遺体から、


カメラがずーっと

上に移動して、


冒頭でも映し出された

キリストの磔刑像まで

行きます。


そこでやっぱり、

王が、

イエス・キリストと

繋げられてることが、

わかります。


そうすると、この映画に

さんざん出てきた「王冠」も、


この磔刑像の、

頭部の後光に、

思えてきます。


こうなると、

「愚かな王様」

(ごめん、リチャード)と

「王の中の王」が、


似てるのに違う、

違うのに似てることが、


強烈なアイロニーとなって、

嫌悪感をもよおします。


音楽でいうと、

同主調の

「長調の和音」と

「短調の和音」を、

交互に鳴らした時の、


内臓がねじれるような、

気持ち悪さ。


例:ハ長調(ドミソド)と

ハ短調(ドミソド、ミはフラット)。


ただここまで身体的嫌悪感を

引き起こせるのは、


この映画のパワーが

大きい証拠でしょうね。


ホラーやポルノ以外で、

強い身体的感覚を

引き起こせる映画って、

あまりないんじゃないでしょうか。


リチャード二世を見た後は、

ハル王子はもちろんのこと、


ベネディクト・カンバーバッチ

演じるリチャード三世でさえ、

かわいく見えたくらいです。


もちろん身体的嫌悪感は、

私の個人的な反応に

過ぎないのかもしれません。


まだ見てない方は、

ぜひご自分で

実験してみてくださいね。


『リチャード二世』についてしか

書けませんでしたが、

他の6つもよかったです。


内容は連続してるのに、

作品としての個性は違っていて、


どれか必ず、好きなものが

あると思います。


by 川崎


[PR]

# by eikokushosetsu | 2018-05-30 18:37 | 映画と文学

ドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』

みなさま、ゴールデンウィークは、

どう過ごされましたか?


私はドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』

The Tudors, 2007-2010)を見ました。


下はヘンリー八世と、アン・ブーリンです↓


チューダーズ <ヘンリー8ä¸–ã€€èƒŒå¾³ã®çŽ‹å† ï¼žã€€DVD-BOXⅡ



主役はヘンリー八世。

シーズン14、全38話と長いので、


6人の妻、

宗教改革、

フランスや

神聖ローマ帝国との関係など、

幅広く丁寧に描きます。


特にシーズン3は、

イギリスの宗教改革を、

よく描いていました。


視聴率は落ちたみたいですが、

他の映画やドラマでは、

なかなか見られない

貴重なシーンがいっぱい。


例えば、

フランスから来たユグノーたちが、

イングランドの修道院を

破壊する場面。


ちゃんとフランス語を

しゃべってました。


ヨークシャーなど

イングランド北部で起きた

謀反「恩寵の巡礼」に至っては、


計画から指導者ロバート・アスクの

処刑まで、2話を使ってじっくり描きます。


さらには数年後に

王が行幸で北部を訪れ、

蜂起した民衆を許すシーンまで再現し、

至れり尽くせり。


「六カ条法」を制定する、

会議の様子も見られます。



それでは登場人物別に、ご紹介します。


まずは主役のヘンリー八世

(ジョナサン・リース=マイヤーズ)。


が次々変わるし、年はとるけど、

内面的には、あまり変化しない。


スポーツマン。

女好き。

肖像画に似てない。


演じる俳優さんは、

意外に無味無臭、無色透明。


そのお蔭か、さほど違和感なく、

強烈なシーンも見られる。



次に4人のトマス。


他にもトマスがたくさん

登場しますが、

宗教関連の重要な人に絞ります。



1、まずトマス・ウルジー。

ハンプトン・コートを建てるほど、

強欲そうには見えない。


失脚後、ロンドン塔で自殺する設定。

「自分は王の希望を叶えるのに夢中で、

神を疎かにしてしまった」と反省。


そう自覚しつつ、

自殺という罪を重ねる姿は、痛々しい。



2、トマス・モア(ジェレミー・ノーサム)。


『わが命つきるとも』(1966)のモアは、

一貫して、信念と威厳に溢れた偉人。


『ウルフ・ホール』(2015)では、

一見柔和だけど、逮捕後、

精神の立派さがじわじわ伝わりました。


THE TUDORS〜背徳の王冠〜』では。。。

うーん、やっぱり integrityの人。


ドラマの中では、

キャサリン・オブ・アラゴンと

鏡像を成すかも。


「女性も教育を受ける日が来る」と

信じ、娘に古典語を教えるなど、

現代的価値観も披露。


だけど他の二人のモアより、

周辺や状況もトータルすると、

もう少しリアルに描かれていたと

解釈できるかも。


ロンドン塔で髭が生えたり、


妻と娘が「表向きは王に従って、

心は別のことを考えればいい。

私たちもそうした」といって

説得したり。


それからモアの処刑の直前に、

フィッシャー司教の処刑が

入るんですけど、


当時の処刑前の決まり文句かも

しれないけど、この人は、

集まった民衆に向かって、


「自分だって死ぬのが

怖くないわけじゃない。

だからどうか、私に力を貸してほしい」


と言って、神の加護を祈ってもらいます。


モアの処刑シーンにはない、

より人間的な側面を、

フィッシャー司教が先に体現し、


その記憶があるうちに、

モアの処刑を見ることになります。


演じるジェレミー・ノーサムの顔には、

徳と福がありますね。


だから『嵐が丘』(1992)の

ヒンドリー役で酔って暴れる姿は

似合ってなかったし、


『抱擁』(2002)でも

不倫するタイプに見えませんでした。


この点で、モアは直球の配役で、

ますます裏表のない人物の印象を

強めたと思います。



3、トマス・クロムウェル。


『ウルフ・ホール』では、

心拍数少なめ、血圧低めのイメージ。


THE TUDORS〜背徳の王冠〜』では、

加えてきわめて合理的。


彼がプロテスタントよりなのも、

「神と人の間に、仲介はいらないでしょ」

という合理主義からくると思わせる。


ウルジーは王、

モアは法を見て生きたけど、


クロムウェルは、生身の人間を中心に

物事を考える、現代人といった感じ。



4、トマス・クランマー。

下の肖像画そっくり!





ドイツでひそかに結婚し、

妻を木箱に隠して連れてくる。


「共通祈祷書」を作ったり、

メアリーの弾圧に苦しんだりする姿は、

ドラマでは描かれないので、

凡人の印象。



次にヘンリー八世の6人の妻です。


1、キャサリン・オブ・アラゴン。

高貴な生まれ育ち、高い人格、

篤い信仰心、さらには

夫と娘への愛も揺るぎない。


寛容で、自分を冷遇するヘンリーに、

折に触れ、愛と信頼を伝える。


ヘンリー八世が、彼女がいると、

なんとも居心地悪そうにしてるのは、

この完璧さのせいか。



2、アン・ブーリン。

わがままな顔をしてるけど、

失脚後、どんどん深みを増し、


処刑場面では美しく高貴で、

マリー-アントワネットを思い出させる。


希望、不安、絶望など、

異なる強い感情を

味わい続ける星回り。


このドラマでは、姦通はなし。

お兄さんも誘惑しない。


自分を利用し尽くした、

強欲なお父さんも恨まない。



3、ジェーン・シーモア。

途中で俳優さんが変わって混乱しました。


清く正しく美しい人。


死ぬ直前に、夫の愛人となっている

侍女に、「私が死んだら、

王を慰めてあげてね」とまで言う。


待望の男子が生れたのは、

彼女の人徳のせいかと思わせる。



4、アン・オブ・クレーヴズ。

王に嫌われている時は

ぱっとしないけど、


結婚解消後、

マイペースで生活を楽しみ、

カードゲームや音楽も嗜んで、

すっかり魅力的な女性に変身。


良識と愛情を持ち、

王の娘のメアリーやエリザベスなど、

皆から慕われる。


ついには王にまで。。。

(こうなるなら、ずっと

結婚してればよかったのに)



5、キャサリン・ハワード。

若くて、セロトニンがいっぱい。


侍女たちといつもクスクス。

悪気はないけど、分別もない。


カルペパーとの浮気がばれ、

処刑される。


カルペパーの方は、

性欲を抑えられないタイプとして

描かれてたけど、


キャサリンの浮気の動機は、

いまひとつ不明。


王が来なくて、さびしかった?

おじさんの王より、

若いカルペパーがよかった?



6、最後の妻、キャサリン・パー。


夫が死んだら、ジェーン・シーモアの

兄トマスと結婚するのを

楽しみにしてたのに、


もう少し、というところで

王に見初められ、仕方なく結婚。


(トマス・シーモアとは、

王の死後、晴れて結婚)


エラスムスを英訳する教養人。

「国民に、素晴らしい書物を、

英語で読んでほしいのよ」


ルター派の疑いがかけられると、

関連本をすぐさま処分するなど、

信念は固いけど、行動は柔軟。



最後にヘンリー八世の二人の娘。


1、メアリー。

母への愛とカトリック信仰が、

揺るぎない。

若い時から、中年の風格あり。


終盤では、カトリックのためなら

何でもするという怖さが出てくる。


「私が男に生まれなかったのが悪い。

私が男だったら、宗教改革なんて

起こさせなかったし、

今あるごたごたも、なくて済んだ」


すごい人。。。



2、エリザベス。

明朗だけど、冷徹な少女。


死期迫るお父さんに謁見した時も、

ヘンリーが退場後、


メアリーはその場で泣き崩れるのに、

エリザベスは明るい顔でさっさと退散。


キャサリン・ハワードの処刑に、

結婚がもたらす面倒を思い、

「私は一生結婚しない」と明言。



他にも、保身と出世しか

考えてない人たちの中で、

芸術家たちが良い味を出していました。


一番素敵だったのは、

トマス・タリス。


「曲を作るんじゃない。

頭に流れる曲を聞いて、

それを書きとめるんだ」と、

夢見心地で作曲。


システィナ礼拝堂の天井画を制作中の、

熱血ミケランジェロも、

ローマ教皇(ピーター・オトゥール)と

すれ違います。


トマス・ワイアットが詩作するところも。


さらには、ヘンリー8世が

リュートを爪弾きながら

「グリーンスリーブス」を作曲する

シーンもあります。


サリー伯ヘンリー・ハワードが、

マルティアリスの

‘The means to attain a happy life’

訳すところも。


この詩の内容「幸せな人生とは、

静かな心、対等な友、恨み、

争いのないこと。シンプルな知恵。

心配のない夜」が


彼の有罪判決の時にも流れ、

さらにはドラマ終盤の雰囲気も

要約するという演出。



最終回では、ハンス・ホルバインが、

ヘンリー八世の大きな肖像画を、

王に披露するシーンが

クライマックスとなっています。


このように、テューダー朝の

重要人物が次から次へと登場する、

THE TUDORS〜背徳の王冠〜』。


みなさまも、ぜひご覧くださいね。

お腹いっぱいになります。


見始めると、止まらなくなる

可能性があるので、

時間に余裕のある時がおすすめです。


by 川崎


[PR]

# by eikokushosetsu | 2018-05-06 23:13 | 映画と文学

仙葉豊著『さまざまなるデフォー』が出ました

『英国小説研究』同人の
仙葉豊先生の新著が出ました。
ぜひお読みくださいね102.png

仙葉豊
『さまざまなるデフォー』
関東学院大学出版会、2018年↓




目次

序章 「非国教徒処理の近道」と曖昧なるデフォー
第1章 身の上相談と小説の起源
第2章 幽霊実話「ヴィール嬢の幽霊」
第3章 デフォーにおけるフィクションの始まりと終わり
第4章 クルーソーとガリヴァー―実話からフィクションへ
第5章 疫病小説『ペスト』
第6章 『モル・フランダース』のカズイストたち
第7章 『カーネル・ジャック』とピカレスク小説の変貌
第8章 アンチ・ロマンスとしての『シングルトン船長』
第9章 『ロクサーナ』と悪魔の誘惑
第10章 「ジョナサン・ワイルド」と犯罪小説
終章


[PR]

# by eikokushosetsu | 2018-04-25 19:47 | 英国小説研究同人

武田美保子著『身体と感情を読むイギリス小説』が出ました

『英国小説研究』同人の、

武田美保子先生の

新著が出ました。


ぜひお読みくださいね101.png


武田美保子著

『身体と感情を読むイギリス小説

――精神分析、セクシュアリティ、優生学』

(春風社、2018年)↓


目次

序章 身体と感情の二分法を越えて

I ヒステリー症
第1章 『ダニエル・デロンダ』のねじれ―「顔」が暴く豊穣なる亀裂
第2章 ギッシング小説におけるジェンダー化する身体への抵抗―反流行文士とヒステリー症

II 荒野と都市
第3章 耳と目から読む『帰郷』―歌劇の舞台としての荒野
第4章 『ジキル博士とハイド氏』の優生学的身体―人格と都市

III モダニズム小説
第5章 『ダロウェイ夫人』の「ひきつり」―優生学言説と小説技法
第6章 越境する身体―『ユリシーズ』の民族、女性、書物

IV 欲動
第7章 『モーリス』の内なるホモフォビア―精神と身体の均衡に向けて
第8章 「赤ずきん」物語と身体性―「狼たちの仲間」と内なる「狼」

[PR]

# by eikokushosetsu | 2018-04-07 22:21 | 英国小説研究同人

横浜美術館「ヌード」展と三溪園

横浜美術館にて

「ヌード 英国テート・コレクションより」が

624日まで開催中です↓




ヴィクトリア朝から現代まで、

ということで、道徳的に厳しい時代の

ヌード作品って?と思い、行ってきました。


結果は、

19世紀後半のイギリスのヌードは、

神話や歴史から題材を取ることで、

批判されないよう工夫してました。


少し残念ですが、これは納得です。


展覧会の目玉は、ロダンの「接吻」。

この作品のみ、撮影自由。

二人が夢中になってるのが、伝わります。



ヌードといえば、

シャーロット・ブロンテの『ヴィレット』

1853年作。道徳的に厳しい時代)。


主人公ルーシーが、美術館で、

肥え太った「クレオパトラ」の

セミヌードの絵を眺め、


そこにポール先生(韓流ドラマみたいに、

最初は仲が悪く、後で両想いになる)が

やってきて、


「こんなもの、一人で見て」

「別に、平気ですけど」


みたいなやり取りをするんですが、


ブロンテとしては、

ここはちょっとドキドキしてね、

という場面だったのかも。


鈍感な私は、ドキドキせずに読んでいましたが。


ちなみに「ヌード」展には、

付き合いはじめらしきカップルはいませんでした。

そうですよね、感想も言いにくいし。



特別展の後に続くコレクション展も、

身体を意識した展示でした↓





日本では、江戸時代まで、裸体画というと、

日常生活で自然に服を脱ぐような場面、

春画、仏教の六道絵や

九相図の死体などしかなく、


美術ジャンルの「ヌード」は、

西洋から学んだそうです。


特別展にあった

ミレイの「ナイト・エラント」が、

コレクション展の方にもあって、

驚きましたが、


これは下村観山による模写でした。

こうやって学んだのですね。



コレクション展には、

原三溪(はら さんけい 1868-1939

ゆかりの作品のセクションも。


原三溪は、製糸・生糸貿易で

財をなした実業家。


横浜の本牧に、広大な日本庭園を造り、

客を招いたり、

一部を一般公開したりしました。


これが今は財団法人になっている三溪園。


よいところなのでご紹介しますね↓



まず驚くのは、その地形。

神奈川県特有の、

海のそばに山(丘)がある地形で、


園の中央部は平らで、

池もあるんですけど、

まわりが山になってます。


南門の外側から見ると、

bluffと英語で呼ぶにふさわしい、

ものすごい崖になっていて、


イギリス文化でいう

「崇高」の気配が。


南門の外側(まだ無料の地帯)には、

また別の池と中国風の建物があり、

それも立派です。



次に驚くのは、原三溪の財力。


母屋(?)が豪華なのはもちろん、

全国のあちこちから、

気に入った建物を買い取って、

園内に移築してあるのです。


白川郷の合掌造りの民家もあり、

中に入って、屋根裏にものぼれます。


大きな池も、時代劇のロケに使えそう。

溝口健二監督の『近松物語』みたい。


溝口健二『近松物語』(1954)。

このシーンの急展開は見事。

生物はこうなるのかも↓



近松物語 4K デジタル修復版 Blu-ray




三溪園は、元旦から開いていて、

無料でお琴などの邦楽演奏がきけます。


他にも盆栽の展示とか、

いろいろイベントがあり、

私が最後に行った時は、

日光猿軍団のステージが作ってありました。


もちろん、庭園ですので、

季節ごとに様々なお花も咲きます。



最後に、珍しいなと思うのは、

山上にある「松風閣」というゲスト用の家。


関東大震災で崩壊しましたが、

その跡に草がぼうぼうに繁り、


被災建造物に対して不謹慎な言い方ですが、

イギリス文化でいう

「ピクチャレスク」な趣が。


日本は木造建築が多いからか、

「雨月物語」風の廃屋はありますが、

ピクチャレスク寄りの風景は

あまりないので、貴重かも。


三溪園にいらっしゃる際は、

頑張って山登りして、

見てきてくださいね102.png


by 川崎


[PR]

# by eikokushosetsu | 2018-04-04 10:18 | イベント情報