英国小説研究 eikokushosetsukenkyu.exblog.jp

『英国小説研究』を発行する同人のブログです


by eikokushosetsu
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今日は、きくちちきさんの絵本を、

二冊、ご紹介します。



実際見ていただくのが一番ですので、

私の受けた印象を中心に書きます。


1冊目は、『ねこのそら』。


小さいねこと、

大きな木の話。



木の葉の色が変わっても、

木の幹は、ずっと同じ黒い色。



絵本にしては珍しい、

黒が目立つ本です。


読み進めるにつれ、

いつも変わらぬ幹の色は、

宇宙の色に、見えてきます。


それから、

生の最初の話であると同時に、

最後の話にも、思えてきます。


最後に、ある色が出てくると、

鳥肌が立ちました。



きくち ちき 『ねこのそら』講談社、2015年↓




2冊目は、『こうまくん』です。


こちらは、明るい色が、

ページいっぱいに広がる、

楽しい絵本。


こうまくんが、走るお話です。



こうまくんにとって、

走ることは、


できることであり、

しなくてはならないことであり、

やりたいことなんですね。


この本も、

最後に、ある色が出てくると、

本当にうれしくなります。



パワースポットみたいな絵本です。


きくち ちき『こうまくん』講談社、2016年↓




by 川崎


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-12-03 19:02 | 小説と芸術

前回『マイ・ベストフレンド』について書きましたが、

マイク・リ―監督の

『キャリア・ガールズ』(CareerGirls, 1997)にも

『嵐が丘』(WutheringHeights, 1847)が出てきました。


この映画も、女性二人の話ですが、

『マイ・ベストフレンド』とは、

二人の関係や、『嵐が丘』の使い方が、

違っていて面白いので、ご紹介しますね。


「キャリア・ガールズ」の画像検索結果


『キャリア・ガールズ』は、

大学時代、ロンドンでアパートをシェアしていた、

ハンナ・ミルズ(カトリン・カートリッジ)と

アニー(リンダ・ステッドマン)の話です。


二人は大学卒業後、6年ぶりに再会し、

数日を一緒に過ごします。

その数日間と、大学時代の出来事が、

交互に描かれます。


二人の学生時代、

ハンナは、英文学専攻。

しっかり者で、性格はきつめ。


アニーは、心理学専攻。

心優しく、重めのアレルギー持ち。


ハンナは、自分で考案した占いを、時々します。


それは、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』に向かって、

「ミズ・ブロンテ、ミズ・ブロンテ」と唱え、

「いつ彼氏ができますか?」などと質問し、


パッと頁を開いて、最初に見えた単語を、

答えとする占いです。


「ミス・ブロンテ」(Miss Brontë)ではだめで、

「ミズ・ブロンテ」(Ms Brontë)と

呼びかけなくては、なりません。


Ms」は未婚・既婚の区別なく、

女性の名前につけられますので、

ハンナは、女性を、

婚姻状態で区別したくないのでしょうね。


『嵐が丘』の本。

映画に出てきたのとは違う版ですが、大体こんな感じ↓

Emily Brontë, Wuthering Heights. Lulu.com, 2015.



再会した二人は、

豪華マンションを見学したり、

中華料理屋でディナーしたり、

昔住んでいたアパートを見に行ったりし、

最後に、キングスクロス駅で別れます。


回想される学生時代のところでは、

アニーがハンナのアパートに

越してくるところから始まって、


心理学専攻のリッキーと交流したり、

エイドリアンという男子学生と三角関係になったりし、

最後に、二人で泣きながら、アパートを引き払います。


ただ、ハンナとアニーは、いわゆる親友では、ありません。

学生時代も、ハンナがアニーの皮膚炎をからかって、

アニーが泣いてしまったり、


再会後も、アニーが抱えてきたお土産を、

ハンナがなかなか開けなかったり、

あれ?という感じです。


『マイ・ベストフレンド』のミリーとジェスは、

ソウルメイト的同志で、

きわどい冗談も言いますが、


相性が抜群によく、

自然に尊重し合える関係でした。


だからこそ、ミリーが病気になってから、

二人の仲が危うくなるところが、

ドラマになったんですね。


他方、ハンナとアニーの関係は、

友達というより、きょうだいに近いかも。


友達は、仲良くする必要がないのに、

一緒にいて楽しいから、一緒にいる関係。


きょうだいは、相性の良し悪しに関係なく、

偶然同じ家に住み、人生をシェアする存在。


同居人だったハンナとアニーは、

きょうだい的なのでしょう。

実際、卒業後は、6年会っていませんでした。


そして中華料理屋のディナーで、

アニー「私たちに乾杯!」

ハンナ「うん、ブロンテ姉妹に!」

と、自分たちをブロンテ姉妹にたとえます。


ハンナが占いに使う『嵐が丘』の表紙に、

エミリーの肖像画が描かれていたり、

語りかけるのが、ヒースクリフやキャサリンではなく、

エミリーであることは、


ハンナにとって、『嵐が丘』の内容そのものより、

作者が大事であることを、示しているのでは?


多分ハンナにとって、

ブロンテ姉妹は、理想の姉妹。


この後の会話でわかるのは、

ハンナには本物の姉妹がいますが、

アル中のお母さんが、

いつもその人をほめ、自分のことはけなすので、

関係がいま一つであること。


ブロンテ姉妹は、

もしきょうだいじゃなかったら、

どのくらい仲良くなったかは不明ですが、


実際は、きょうだいに生まれたので、

共に詩や物語を作る、

クリエイティブな関係を築きました。



アンドレ・テシネ監督『ブロンテ姉妹』(1979年)↓

今ブレイク中の、イザベル・ユペールも。

「ブロンテ姉妹 映画」の画像検索結果




BBCドラマTo Walk Invisible2016年)↓

誰が姉妹のどれか、わかりますか?

「to walk invisible」の画像検索結果



(映画をこれから見る方は、

この辺で読むのをやめた方がよいかもしれません)


キングスクロス駅で別れる時、

ハンナはアニーにプレゼントをあげます。

それは、懐かしい、あの『嵐が丘』。

エミリーの肖像画も見えます。


これを使い、久しぶりに、占いをします。

アニーの質問は、

「将来、本物の幸せをつかめますか?」


ハンナが、えいっと、本を開いて見つけた答えは、

「痛み」でした。


再会した二人が、

学生時代を回想する設定だったので、

ずっと、現在の二人の落ち着きが目立っていましたが、


最後の最後で、

これから長い人生を生きなければならない、

二人の若さが、

胸に迫るエンディングでした。


by 川崎


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-11-23 09:44 | 映画と文学

映画『マイ・ベストフレンド』には、

エミリー・ブロンテの『嵐が丘』や、

ブロンテ姉妹の故郷ハワースが出てきます。


商品の詳細


ハードウィック監督は、『トワイライト 初恋』も撮った人。

この映画も、『嵐が丘』を彷彿とさせますから、

監督は『嵐が丘』が好きなんでしょうね。


商品の詳細


ちなみに『トワイライト』シリーズで、

主役ベラ(クリステン・スチュワート)が、


「好きな小説は『嵐が丘』。

私のエドワードへの愛は、

キャサリンのヒースクリフへの愛に似ている」


と言ったところ、

原作の売り上げが4倍以上になったとか。


この売上増の話は、Janet Gezari編集の

The Annotated Wuthering Heightsに載ってます。


これは、『嵐が丘』に解説や註をつけた豪華大型本で、

『嵐が丘』への愛に満ちていて、癒されます


Emily Brontë, The Annotated Wuthering Heights.

Edited by Janet Gezari.

Belknap Press of Harvard University Press, 2014.

Cover: The Annotated Wuthering Heights in HARDCOVER




マイ・ベストフレンド』は、

この世では幸せになれない男女の話じゃなくて、

少女時代から親友のミリーとジェスの物語です。


話の展開を知りたくない人は、

この辺でストップした方がいいかもしれません。


舞台はロンドン。


小学校の時、オレゴンから

ジェス(ドリュー・バリモア)が

ロンドンに転校してきて、

ミリー(トニ・コレット)と大の仲良しに。


中学生くらいになると、一緒に『嵐が丘』を読みます。

「ヒースクリフは背筋が伸びてスタイルよし」のところ。


長じて、

ミリーは、元バンドマンの夫と、音響会社を経営。

小学生くらいの子供が二人。


ジェスは、夫と二人で、

川に係留したボートに住んでいる。

仕事は、環境保護の関係。


ある時、ミリーは乳がんに、

ジェスは不妊治療の末、妊娠。


この後、二人の体調が、交互に描かれます。


ちなみに、ミリー役のトニ・コレットは、

映画『めぐりあう時間たち』でも、

婦人科系の問題を抱えた役でした。


商品の詳細


ミリーは化学療法を受けますが、

ジェスは付き添い、

少しでも痛みが紛れるよう、

『嵐が丘』を読んであげます。


やっぱり、「ヒースクリフは背筋が伸びてスタイルよし」のところ。


すると担当ナースのサムが、

「女の人って、ダーシーみたいのが、いいんでしょ」

みたいなことを言ってきます。


ダーシーは、ジェイン・オースティンの

『高慢と偏見』(1813)に出てくる、

第一印象はよくないけど、実は理想の結婚相手という人。


すると、ミリーは

「ヒースクリフの方が断然いいよ!」と言います。


ミリーは、むっつりしてるけど実は紳士なダーシーより、

むっつりしていて実際恐ろしいヒースクリフの方が、

タイプなんですね。


『嵐が丘』が好きなのも、ヒースクリフが好きだから、

というのがあるんだと思います。


先日ご紹介した『高慢と偏見』と『嵐が丘』対決も、

一部は「ダーシー」対「ヒースクリフ」なのかも。


つらい化学治療の最後の日、

ミリーはサムに『嵐が丘』の本をプレゼントします。


でもミリーの癌は進みます。


夫が開いてくれた、誕生日パーティで、

みんなの前で、荒れてしまい、

店を飛び出し、タクシーへ。

ジェスも乗り込みます。


酔っぱらったミリーは、運転手に、

「ハワースに行って」と頼み、

二人は400キロ離れた、ブロンテの故郷へ。


ミリーは『嵐が丘』の荒野を見るのが、

ずっと夢でした。


夜中にハワースに着くと、

ミリーは外に出て

「私のヒースクリフ!」とはしゃぎ、

原作のヒースクリフのせりふ、


「ああ、神よ、言葉にできない!

自分の命なしには生きられない!

自分の魂なしには生きられない!」


を叫びます。


そして二人は、ブロンテをテーマにした宿に泊まります。

ミリーは「エミリーのスイート」、

ジェスは「ブランウェルの部屋」。

(ブランウェルは、エミリーのお兄さん)


ミリーがハワースに来た目的は、

実はもう一つあって、

それがこの段階のミリーには

極めて重要なんですが、

そのことに関して、翌朝、二人は喧嘩をします。


喧嘩のシーンは、荒野の岩場を、

上空から撮影したもので、

雨上がりの空気が、肌で感じられそうなほど、

リアルでした。


結局二人は、喧嘩別れして、それぞれロンドンへ。


二人が一緒の最後のシーンは、

エミリーの姉シャーロット作『ジェイン・エア』(1847)の、

ジェインとヘレンが一緒にいる最後の場面と同じ展開に。


ミリーが娘に、

私の魂(spirit)はずっと一緒にいるからね、

と話すところは、


『嵐が丘』に出てくる、

ヒースクリフのキャサリンへの執着とか、

死に際のキャサリンのヒースクリフへの復讐とは違う、


親の子に対する気持ちの表現になるんだなあと、

新鮮に思いました。


最後の最後は、ジェスの笑顔が出て、

演じるドリュー・バリモアとも重なり

(『E.T.』も見てるし、やっぱり応援したくなる)、

お幸せにね、と思いました。


by 川崎


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-11-16 23:30 | 映画と文学

もうすぐ日本コンラッド協会の大会があります。

さすがコンラッド、国際色豊かですね、楽しみです101.png


会長の榎田一路先生による、豪華なご案内です↓


**********

日本コンラッド協会の榎田一路と申します。


来月1112日(日)に日本コンラッド協会全国大会を

東京女子医科大学看護学部 第1校舎123 教室にて開催します。


東京では4年ぶりの開催となる、まだ3回目の若い大会ですが、

おかげさまで大変豪華なゲストをお迎えすることができました。


「コンラッドと病い」をテーマとした午後のシンポジウムでは、

『ブロンテ小説における病いと看護』の川崎明子氏を講師にお迎えし

お二人のコンラッド研究者(設楽靖子氏、井上真理氏)とともに

「病い」を切り口に、コンラッドを読み直していきます。


また、Roma Tre Universityより

Richard Ambrosini氏をお招きしての招待発表

"Women 'Martyrs': Rethinking Conrad Through His Female Figures"や、


東京外国語大学の久野量一氏による講演

「コンラッド『ノストローモ』を書き直す

──フアン・ガブリエル・バスケス『コスタグアナ秘史』」が

予定されております。


詳しいプログラムは以下のPDF

または日本コンラッド協会のページでどうぞ。


大会プログラム

日本コンラッド協会


大会への参加は無料です。懇親会への参加は4,000円です。

どうぞお気軽にお越しください。

**********


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-10-20 20:22 | イベント情報

今日は絵本動画のご紹介です。


Lulu Picture Book

絵と文:春日井夏子


絵と文と音楽が一緒になった、

素敵な絵本です。


目次はこちらです。


おかあさん

あたらしいびょういん

おくりもの

大きな森の小さな病院

ルルのいちばん長かった日

Birthday

Winter Story

Mother(「おかあさん」の英語版)


小さなお子さんのいらっしゃる方は、

文の部分を、読んであげてくださいね102.png


By 川崎


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-10-08 20:41 | 音声や映像