ブログトップ

英国小説研究

イーストウッド監督の映画『ヒア アフター』と、チャールズ・ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』

クリント・イーストウッド監督の映画

『ヒア アフター』(2010年)。


商品の詳細


この映画では、

文豪チャールズ・ディケンズが、

重要な要素になってます。


(冒頭に、リアルな津波のシーンがあります。念のため。)


主人公のアメリカ人、

ジョージ(マット・デイモン)は、

病気で手術をしてから、

ある特殊能力を、持つようになりました。


その能力のせいで、誰とも親しくなれません。

その能力のことを知ると、

みんな、引いてしまうんですね。


孤独なジョージが、

昼間働き、

夜アパートに帰ってきてから、

ささやかな楽しみとしているのが、

ディケンズ小説の朗読を、

プレイヤーで、きくこと。


ジョージは、ディケンズの大ファンで、

家に写真を飾ってるほどなんです。



チャールズ・ディケンズ(1812年~1870年)

イギリス人、ロンドンで活躍↓




ジョージがきいているのは、

『デイヴィッド・コパフィールド』(1849-1850年出版)。

小説の主人公、

その名も、デイヴィッド・コパフィールドと、

その乳母ペゴティの、やり取りのシーン。


『デイヴィッド・コパフィールド』は、

幸せな子供時代を送った少年が、

お母さんが再婚してから、

世に放り出され、



学校でいじめられたり、

子供なのに働かされたり、

大切な人を失ったりして、

苦労する物語。



最後には、有名作家になるので、

ディケンズの自伝的小説とも、いわれてます。


お母さんは、

小説の早い段階で、亡くなりますが、

乳母のペゴティは、健在で、

最初から最後まで、

「デイヴィ坊ちゃん、大好き」って

言ってくれます。


ペゴティは、当時の労働者階級の女性なので、

デイヴィッドに、紳士になる教育を授けるとか、

そういう社会的な援助は、できません。


年齢や階級が違い過ぎて、

精神的に対等なパートナーにも、なれません。


でも、自分を手放しで愛してくれる、

このペゴティの存在は、

デイヴィッドの人生の、

小さな錨になってます。


ひるがえって、映画のジョージ。

彼には、ペゴティのような人は、いません。

家族はいるけど、フレネミー。

これから誰かと出会えるとも、思えない。


そんなジョージにとって、

ディケンズ小説の世界は、

デイヴィッドにとってのペゴティのような、

心の避難所になってます。


ある日、仕事を解雇されたジョージは、

ロンドンに飛び、

ディケンズ博物館へ。



そこで朗読会の案内ポスターを見つけ、

さっそく行ってみます。


その朗読会は、

ブックフェアのイベントの一つでした。

イギリスの俳優が、

目の前で、ディケンズ小説を朗読します。


ききほれるジョージ(マット・デイモン)の顔は、

見ものですよ。


そしてこのブックフェアで、

ジョージは運命の出会いを果たします。



一人はフランス人女性、

もう一人はイギリス人の少年。

この二人も、ジョージと同じように、

生死をめぐって、苦しんできました。


ディケンズが、

住む国の違う3人を繋げ、



もしかしたらジョージも、

デイヴィッドのように、

幸せになれるかもしれない、



幸せになる一歩を、

まさに今、踏み出すところかな?

というところで、

映画は終わります。


『ヒア アフター』、傑作です。



『デイヴィッド・コパフィールド』は、

岩波文庫や、新潮文庫で読めます。


ディケンズについて、詳しく知りたい人は、

「ディケンズ・フェロウシップ日本支部」のサイトへどうぞ↓




「梗概」をクリックすると、

『デイヴィッド・コパフィールド』のあらすじも読めます。


By 川崎


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-08-09 20:55 | Comments(0)

英国小説研究同人会のメンバーです

英国小説研究同人会の、メンバー紹介です。

まずは、創設メンバーの一人として、特別に、

宮崎 芳三 先生

がおられます。

この後は、現在のレギュラーメンバーです。
(50音順、敬称略で行きます)

鮎澤 乗光    
伊勢 芳夫    
井石 哲也    
上原 早苗
鵜飼 信光    
内田 正子     
海老根 宏    
大石 和欣
大田 美和  

これで、宮崎先生から数えて、10名です。

御輿 哲也     
片山 亜紀    
金谷 益道
金子 幸男    
川崎 明子    
河崎 良二    
久野 陽一
坂本 武    
鈴木 美津子   
仙葉 豊    

さらに10名、
これで20名です。

武田 将明
武田 美保子  
玉井 暲    
丹治 竜郎     
長島 佐恵子
永富 友海    
中和 彩子    
新妻 昭彦    
新野
西山 徹  

こちらも10名。
ここまでで、計30名、
まだ続きます。

服部 典之     
原  英一    
原田 範行
廣野 由美子  
福岡 忠雄     
松井 優子    
向井 秀忠
結城 英雄    
米本 弘一

こちらは9名です。
ということで、総勢39名です。

このメンバーで、2年に一回、
『英国小説研究』を、
出しています。

みなさま、『英国小説研究』を、
どうぞよろしくお願いします102.png

by 川崎










[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-08-08 18:24 | Comments(0)

『英国小説研究』第26冊の紹介です

『英国小説研究』の最新号(第26冊)の紹介をさせてくださいね。

目次はこうなってます。

(1) 「感受性」の小説作法 ――『パミラ』と『トリストラム・シャンディ』のある受容をめぐって  
  原田範行

(2) 『カルカッタのハートリー館』とヘースティングズ弾劾裁判  
  鈴木美津子

(3)  オリヴァーの見る夢 ――『オリヴァー・トウィスト』における「ファミリー・ロマンス」の行方
  永富友海

(4)  『嵐が丘』と刻まれた名前 ――アイデンティティ・固有性・所有
  金谷益道

(5)  『ジェイン・エア』と『嵐が丘』における「食べさせる/食べさせられる」行為
  川崎明子

(6)  「消しがたく書かれている」 ――『荒涼館』における書くことの書かれ方
  鵜飼信光

あとがき



本の見た目は、こちらです↓
(右上の写真と、同じですね)



英国小説研究〈No.26〉


『英国小説研究』同人/英宝社



表紙の色は、毎回、違うのですが、
最新号は、かすかに朱色がかった、
赤になりました。

表紙はつるつるで、
実物は、とてもきれいです。

頁は156ページあります。
小ぶりで、かわいい本です。

以上、紹介でした。

by 川崎






[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-06-27 20:53 | Comments(0)

はじめまして

『英国小説研究』は、
イギリスの小説について書いた論文を載せた、
同人誌です。

第1冊目が出たのは、1954年。
ということは、
今。。。63歳ですね。

論文を書いているのは、
英文学を研究する、
大学教員や、元大学教員です。

現在、メンバーは、39人です。

発行しているのは、
英宝社という出版社です。
東京の神田にあって、
秋葉原駅からも歩けます。

この記事を書いているのは、
現在、事務を担当している、
川崎明子といいます。

駒沢オリンピック公園の隣にある、
駒澤大学に勤めてます。

イギリスの小説が好きな方、
卒論をイギリス小説で書く4年生の方、
イギリス小説を研究する院生さん、

それからもちろん、
イギリス小説の研究者の方、

よかったら、『英国小説研究』を、
ぜひ読んでみてくださいね101.png


[PR]
# by eikokushosetsu | 2017-06-26 20:24

『英国小説研究』を発行する同人のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31